【サッカー人気5位】悪質なスライディングタックルでディエゴ…

「川崎フットボールアディクト」

【第四報(試合開催決定)】鹿島トップチーム選手1名がコロナ陽性の疑い【ニュース】

■第四報(11月14日13時30分ごろ)

開催が決定した鹿島対川崎については、キックオフ時間などの変更はないそうです。
また予定通りの開催のため、チケットの払い戻しはないとのことです。

なお、PCR検査の結果、陽性判定者は永戸勝也選手。
この永戸選手に加え、濃厚接触者と判定された以下の6選手を除くメンバーで開催されるとのことです。
濃厚接触者
杉岡大暉選手、荒木遼太郎選手、町田浩樹選手、関川郁万選手、山田大樹選手、常本佳吾選手

■第三報(11月14日13時25分ごろ)

試合開催が決定。

■第二報(11月14日8時40分ごろ)
Jリーグではリーグ戦再開前の2020年6月23日に今季の公式戦の開催条件を以下のように公表しています。
以下の条文のポイントはGK1名を含む14選手が必要ということ。

試合開催可否決定条件について
https://www.jleague.jp/news/article/17247/

■Jリーグ公式試合の開催可否判断

1.エントリー可能な選手の人数が、トップチーム登録(J3リーグに参加するU-23チームについては第2種トップ可および特別指定選手を含む)の選手14名(ゴールキーパー1名を含む。以下「基準選手人数」という)以上である場合、当該試合は予定通り開催される

2.試合開催2日前の正午時点からエントリー開始時点までの間に基準選手人数を満たない可能性がある場合、当該チームはJリーグに連絡し、試合開催に向けて最大限努力しなければならない

3.2の努力にもかかわらず、当該試合の開催が困難であるとJリーグチェアマンが判断した場合、当該試合は中止することができる

PCR検査による陽性判定に関しては判定結果が出るため、わかりやすい。問題は濃厚接触者にになります。今季はこれまで、濃厚接触者もエントリー可能選手からは除外されてきています。
また、濃厚接触者については保健所しか判定できないため、その判定が困難な場合は試合開催に必要な14選手を充足できない場合があります。

ということで、今日の鹿島対川崎の開催の可否については、予断を許さない状況だと考えます。

■補足(8時57分ごろ)
濃厚接触者の特定が間に合わず中止になった例。
7月26日のJ1第7節の広島vs名古屋
8月2日のJ2第9節の大宮vs福岡

※参考記事(元記事が削除されているためキャッシュです)

2020年8月12日(水) 12:20
いかに我々独自として濃厚接触者を判断し、感染拡大を防いでいくのか。第13回新型コロナウイルス対策連絡会議会見レポート
https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Qi13DHrMBCcJ:https://www.jleague.jp/news/article/17600/+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

ーーーー

■第一報
鹿島広報より「トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染症陽性の疑いのお知らせ」との件名で11月14日8時1分にメール連絡。

内容は以下の通り。
13日(金)早朝に体調不良を訴えたトップチームの1選手に対し、同日中に新型コロナウイルスの抗原検査を実施。陽性判定が出たとのこと。

この判定を受け、選手、チーム関係者に対しては、川崎戦当日となる14日(土)早朝よりPCR検査を実施中。

また陽性判定を受けた1選手の、練習や試合・遠征先での行動履歴を保健所に提出・報告しており、濃厚接触者有無の特定を進めているところだとのこと。

これらの状況を踏まえ、11月14日(土)午前8時1分時点では、27節の川崎戦の試合開催について「PCR検査の結果ならびに保健所による濃厚接触者の特定の結果を受けて、Jリーグ及び対戦クラブとの協議を経ての判断となります」とのことです。

試合開催についての判定結果については決定次第、周知が図られるものと思います。

現地観戦予定の方、DAZNでの観戦予定の方は続報をお待ち下さい。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック