【サッカー人気1位】西川周作が驚いた、最終ラインの変化とは…

「川崎フットボールアディクト」

谷口彰悟「ビッグゲームできちんとそうやって勝ち切ることができるチームになってきたなというのは、成長を感じています」/天皇杯決勝 川崎vsG大阪【試合後コメント】

○谷口彰悟
――試合の最後の10分くらいのところ教えてもらいたいのですが、相手が形を変えたりとか、圧をかけて来た中で意識していたこととか、ピッチの中でどんな言葉を書けあっていたのか、教えて下さい。
「最後は本当に、ガンバ大阪さんもパワープレーというか、三浦選手も前線に残っていたりとかして少しスクランブルな展開になっていたので。自ずとこっちも人数をかけないといけないというところで、なかなかそうなると前に行けないというか、そういう展開で押し込まれるような展開でしたが、本当に一人ひとりがロングボールとか、そういうボールに対して、きちんと誰が競って、誰がカバーして、ていう。そこら変は、ちょっと、スクランブルな展開の中でも、落ち着いて対応出来ていなかなと思いますし。決勝戦となるとたぶんそういう展開になるなというのもわかっていたというか、1−0だったらそういう展開になるだろうなというのは頭に入れながらの試合運びだったので。そこまでテンパらずというか、落ち着いて対応は出来たかなと思います」

(残り 589文字/全文: 1031文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック