【サッカー人気3位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

「川崎フットボールアディクト」

松井蓮之(法政大)の加入内定を発表【ニュース】

2月25日にフロンターレが、法政大の松井蓮之(まつい・れんじ)の加入内定を発表した。また同時に、JFA・Jリーグ特別指定選手に承認されたことも発表になっている。ポジションはMFで、登録背番号は31となる。

松井については21年2月の沖縄合宿に全日程帯同しており、練習試合にも出場していた。今季の新加入選手が受けていた鬼木達監督による止める蹴る、受ける外すの特別講座にも参加。日々の練習で技術を磨く姿が見られた。

その松井は紅白戦や練習試合ではアンカーや左右のサイドバックなどでプレーしており、チームメイトからは下の名前である「レンジ」と呼ばれていた。長髪をなびかせつつも泥臭く守備に駆け回っていた。

今回の加入内定の発表に際し、松井はコメントを発表しているのでその一部を抜粋する。

「自分の強みである運動量やボール奪取という部分を生かし、1試合でも早く試合に絡んでチームの勝利に貢献できるよう頑張ります」

また、プロとしての一歩を踏み出せたことへの感謝も発表している。

「こうしてプロになれたのは、育ててくれた両親や今まで教えてくださった監督やコーチのおかげだと思っています。その方々に恩返しできるような活躍をしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

なおフロンターレは2月の合宿では3チームと練習試合を行っているが、松井はその3試合ともに出場していた。

(残り 517文字/全文: 1092文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ