現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「川崎フットボールアディクト」

谷口彰悟「ゼロックスの時よりかは統一感持った守備と言うかサッカーができてたのかなと思います」/J1 第1節 vs横浜FM【試合後コメント】

○谷口彰悟
――ゼロックスが終わった後に、2-0にした後の展開で意思を合わせたいって言ったようなことをおっしゃってたと思うんですけども、今日の試合に関して後半の戦い方に関してはどういう風に運んでうまく乗り越えられたって感じでしょうか?
「やっぱり、マリノスが後半になって非常に前にパワーをかけてきましたし。その辺のところでなかなかマイボールの時間を増やすことができなくて、ちょっと守る時間が長かったですけど。おっしゃる通りゼロックスの反省と言うか、課題を活かすということで、もちろんこっちが3点目を常に狙ってはいたんですけど、カウンターなんかで取れれば完璧だったと思いますけど。なかなかそれも難しい状況だったので。ただズルズルさがりたくないっていうのはもちろんあったので。どこでブロックを組むのか、前にコンパクトにするのか、後ろにコンパクトにするのかっていうところは、状況を見ながら、距離感というところが非常に大事にしながら、間延びしないように言ってのは心がけてやってましたし、そこら辺は皆も、共通認識で簡単に引かないとか。単独で前から追わせないとか。そこら辺は常に声かけができてたので。まあゼロックスの時よりかは統一感持った守備と言うかサッカーができてたのかなと思います、はい」

※後ほど追記します。
追記しました。

(残り 333文字/全文: 888文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ