現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「川崎フットボールアディクト」

山根視来がA代表初招集。25日の韓国戦、30日のモンゴル戦に臨む【ニュース】

山根視来がA代表に初招集された。日本サッカー協会の3月18日の会見で発表された。

今回招集のA代表は3月25日の韓国との親善試合と、3月30日のモンゴル代表戦(W杯アジア2次予選兼2023年アジアカップ予選)を戦う。またU-24日本代表は明日、3月19日に発表される。

山根の代表への思いについてはすでに2月17日に原稿にしているのだが、その後シーズンが開幕してからも好調を維持。17日の神戸戦までの公式戦7試合にフィールドプレーヤーとしては唯一フル出場しており、またすでに3アシスト+1オウンゴールアシストと結果も出しており選出への期待が膨らんでいた。フロンターレで見せてきたパフォーマンスを発揮できれば代表でも通用するはず。ひと暴れして代表常連組への足がかりとしてほしいところだ。

なお今回の選出について山根は広報を通じて以下のコメントを発表している。

「日本代表に選出していただき、大変光栄に思います。率直に嬉しさと、驚きとがあります。チームメイトに生かされて今の自分があるので、本当に感謝しています。自分の出せるものを出すだけだと思っていますし、かっこつけたプレーは出来ないので、必死に自分のすべてを出すということだけを考えてプレーします。世代別代表にも一回も選ばれたことがなかったですが、日本代表のユニフォームを着てプレーするからには、誇りと責任を持って、とにかく自分らしく全力で頑張ってきます!応援よろしくお願いします」

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ