0‐7の処方箋(J論)

「川崎フットボールアディクト」

三笘薫「距離感っていうのはアルゼンチン戦とフロンターレでは全く別なので」/J1 第7節 vs大分【試合後コメント】

○三笘薫
――試合後のインタビューでもおっしゃってましたが、アルゼンチン戦での悔しい思いをしたというお話でしたけども、この再開初戦ということで何か期するものはあったんでしょうか、教えてください
「そうですね、アルゼンチン相手になかなか自分のプレーできず。他の選手はできた中で悔しい思いがあったので。そこはピッチ上で相手は違うんですけど、Jリーグで結果を出すしかないなとは思ってやってました」

(残り 859文字/全文: 1052文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ