【サッカー人気5位】【松本山雅】[元悦対談]新コーチ・三浦…

「川崎フットボールアディクト」

後半ATの失点で逃げ切りに失敗/J1 第20節 vs仙台【速報レポート】

■小林悠の開始3分弾も得点続かず。1−0で後半へ
試合開始直後の小林悠の先制点に象徴されるように、フロンターレは序盤に攻勢をかけて仙台を圧倒。しかし時間の経過とともに落ち着いた仙台を攻めあぐねる展開に。

タテへの意識は見せるのだが、最後の精度が上がらず追加点は奪えなかった。

また時折仙台にカウンターを打たれており、油断のできない状態で後半に入っている。

■三笘薫の勝ち越し弾を活かせず

後半、丁寧な戦いぶりに回帰したように見えたフロンターレだったが、結果的に仙台の守備を崩しきれず。74分に中原彰吾に同点ゴールを奪われるが、83分に三笘薫が勝ち越し弾。

そのまま試合を終わらせなければならなかったが、90+5分にマルティノスに同点弾を喫し、逃げ切りに失敗。勝ち点を2つ落とす結果となった。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ