【サッカー人気5位】男女サッカーの明暗、聖火台探訪、そして…

「川崎フットボールアディクト」

【変更】【6月10日発表】ACL2021、グループステージの日程が発表【ニュース】

ACL2021の試合日程について、5月18日にJFAが発表した。
→その後オーストラリア3クラブが参加を辞退し、6月10日に新たな組み合わせが発表される。

■6月10日発表の新スケジュール

【グループ I】
1川崎フロンターレ(日本)
2北京 FC(中国)
3ユナイテッド・シティ FC(フィリピン)
4大邱FC(韓国)

■日程
6月26日(土) 21:00 川崎 対 大邱FC
6月29日(火) 21:00 北京FC 対 川崎
7月2日(金) 19:00 川崎 対 ユナイテッド・シティFC
7月5日(月) 19:00 ユナイテッド・シティFC 対 川崎
→以上4試合はロコモティフスタジアム

7月8日(木) 21:00 大邱FC 対 川崎
ブニョドコルスタジアム

7月11日(日) 17:00 川崎 対 北京FC
ロコモティフスタジアム

■その他のグループの日程

【グループ H】フロンターレと同じウズベキスタン会場
1全北現代(韓国)
2ガンバ大阪(日本)
3タンピネス・ローバーズ FC(シンガポール)、
4チェンライ・ユナイテッド(タイ)

■日程
6月25日(金) 19:00 タンピネスFC 対 G大阪
6月28日(月) 21:00 G大阪 対 全北現代
→以上2試合はロコモティフスタジアム

7月1日(木) 21:00 チェンライU 対 G大阪
ブニョドコルスタジアム

7月4日(日) 21:00 G大阪 対 チェンライU
ロコモティフスタジアム

7月7日(水) 19:00 G大阪 対 タンピネスFC
7月10日(土) 19:00 全北現代 対 G大阪
→以上2試合はブニョドコルスタジアム

【グループ G】
1浦項スティーラーズ(韓国)
2名古屋グランパス(日本)
3ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、
4ラチャブリ FC(タイ)

■日程

6月22日(火) 21:00 ジョホール 対 名古屋
6月25日(金) 17:00 名古屋 対 浦項
6月28日(月) 17:00 ラチャブリ FC 対 名古屋
7月1日(木) 21:00 名古屋 対 ラチャブリ FC
7月4日(日) 21:00 名古屋 対 ジョホール
7月7日(水) 17:00 浦項 対 名古屋
6試合ともラジャマンガラスタジアムで開催

【グループ J】
1広州 FC(中国)
2ポート FC(タイ)
3傑志(香港)
4セレッソ大阪(日本)

■日程
6月24日(木) 17:00 広州 FC 対 C大阪
6月27日(日) 21:00 C大阪 対 傑志
6月30日(水) 17:00 C大阪 対 ポート FC
7月3日(土) 17:00 ポート FC 対 C大阪
7月6日(火) 17:00 C大阪 対 広州 FC
7月9日(金) 17:00 傑志 対 C大阪
6試合ともブリーラムスタジアムで開催

ーーーーーーーーーーーーーー

■5月18日発表の旧スケジュール
ウズベキスタンで開催されるグループIに組み分けられたフロンターレの試合日程は以下の通り。

【グループ I】
1川崎フロンターレ(日本)
2北京 FC(中国)
3ユナイテッド・シティ FC(フィリピン)
4東地区プレーオフ勝者3※
→6月23日(水)19:00KOの大邱FC(韓国)対チェンライ・ユナイテッド(タイ)/ロコモティフスタジアム(ウズベ キスタン)の勝者

■日程
6月26日(土) 19:00 川崎 対 東地区プレーオフ勝者3※
6月29日(火) 19:00 北京FC 対 川崎
7月2日(金) 19:00 川崎 対 ユナイテッド・シティFC
7月5日(月) 19:00 ユナイテッド・シティFC 対 川崎
→以上4試合はロコモティフスタジアム

7月8日(木) 19:00 東地区プレーオフ勝者3※ 対 川崎
ブニョドコルスタジアム

7月11日(日) 19:00 川崎 対 北京FC
ロコモティフスタジアム

■参考
26日、28日の前日の25日と27日にG大阪が、タンピネス・ローバーズFC、全北現代戦を。
また、7月5日のユナイテッド・シティFC戦前日の4日にはG大阪がシドニーFCと対戦。

7月8日の東地区プレーオフ勝者3※、戦前日の7日には、G大阪がタンピネス・ローバーズFCと対戦することになっており、ピッチコンディションはかなり悪くなっていることを覚悟する必要がありそうだ。

■渡航情報
ウズベキスタンは外務省からレベル3渡航中止勧告(感染症)に指定されている一方、出国時点から72時間以内の陰性証明で、ウズベキスタン入国時の14日間の自主隔離が不要になっている。渡航もできそうだが、取材については現在検討をしているところだ。

●今後、国別感染状況評価に基づき、緑色国家からの入国は陰性証明書不要、黄色または赤色国家からの入国は陰性証明書のみでの入国が可能となり、入国後14日間の自主隔離は必要ありません。
●3月16日現在、日本は「赤色国家」に指定されています。

(文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ