【サッカー人気1位】杉本健勇の期限付き移籍加入。またしても…

「川崎フットボールアディクト」

旗手怜央「薫の存在が僕を上に上に上に高めてくれましたし、本当に成長させてくれるきっかけでもあったんで」【ニュース】

東京五輪代表に選出された旗手怜央は同期でフロンターレに加入し、同時に選ばれた三笘薫の存在について「本当に良いライバル」として前向きな影響を受けたのだと話す。

「間違いなく薫がいたから、僕もこう、なんていうんですかね。あいつみたいになりたい(試合に出て活躍したい)とか、そういうことはすごく思いましたし。やっぱりこう、一緒に入団して、同期の選手が1年目であれだけ活躍してたら、それはこう、隣でずっと一緒にやってきた選手も負けてらんないっていうことを絶対に思うので。本当に僕は、そういう思いでやってきました」

同期加入選手として比べられることも多かったとも話す旗手は「僕自身、絶対薫にはなれないですし、薫も僕みたいなプレーはできないと思うので」とも述べており「本当に良いライバルだったんですけど僕自身は、比べないようにしようっていうのはずっと思ってた」のだとしている。三笘の代名詞といえばドリブルを武器にした突破力だが、そうした派手さに惑わされず自分らしさを失わないように意識していたのだとしている。

ただ、それと同時に「薫の存在が僕を上に上に上に高めてくれましたし、本当に成長させてくれるきっかけでもあったんで。本当にいいチームメイトを持ったなと思ってます」とも述べており、向上心を与えてくれた存在としての感謝の気持ちを覗かせていた。

(残り 1025文字/全文: 1588文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ