【サッカー人気4位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

「川崎フットボールアディクト」

「背後に落とせる選手」からのパスと「動き出し」がシンクロした決定機【コラム】

浦和を相手に攻めあぐねたルヴァンカップ準々決勝第1戦は、OFRを経て得たPKにより同点で決着。最低限の結果で第2戦を迎えることになった。アウェイゴールをもたらしたあのホットラインについて、9月3日にweb取材に応じてくれた小林悠と小塚和季が深堀りしてくれた。

まずはパスを受けた側の小林悠。パスを出してくれた小塚について、チームでも少ない、裏にパスを「落とせる選手」のだと、次のように述べている。

「(小塚)和季は本当に、チームで少ない背後にボールを落とせる選手だと思ってるので。やっぱり、彼が顔を上げた時は絶対動き出さなきゃいけないと思ってますし。それが結果としてチームのゴールに繋がってるので。前半見ててもやっぱり背後へのランニングが少ないなとは思っていたので。それがうまく合った場面だったかなと思います」

一方の小塚は、小林との連携について、練習の中からやれていたものの延長だとしている。

「悠さんの動き出しに合わせられたパスだったりっていうのは練習からもできていたので。そういうのが試合の中で、できてきたのは自分の中でもすごいプラスな部分だと思います」

(残り 550文字/全文: 1026文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ