【サッカー人気3位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

「川崎フットボールアディクト」

ダミアンのゴールで勝利。勝ち点3を手にした/J1 第33節 vs清水【速報レポート】

■主導権を握りつつも得点は奪えず。前半0−0で後半へ

前半は、序盤からフロンターレペースで推移。左サイドからはマルシーニョの仕掛け。右サイドからは連携で作りつつ清水ゴールに迫った。

一方の清水の攻撃は単発で、要所を締めて封じ続けた。

主導権を握るフロンターレではあったが、シュートに持ち込む回数は少なめ。清水の帰陣の速さと守備の堅さを崩しきれなかった。

0−0で前半を折り返したが、後半の試合運びに期待したい。

■技アリの決勝点

後半開始直後にレアンドロ・ダミアンが先制点。脇坂泰斗からのクロスを一度流し、マルシーニョからの折返しをヒールで決めたファインゴールだった。

この1点を背景にフロンターレは堅実な試合運びを続ける。

清水の堅守自体は崩しきれず追加点が奪えなかったのは今後の課題だが、3週間の試合間隔があったことを考えると、失点せずに勝ちきれたことを誇っていい試合だった。

大島僚太が復活のピッチに立つなど、ラストスパートに向け一定の収穫のあった試合となった。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ