【サッカー人気2位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

「川崎フットボールアディクト」

山根視来「1回負けただけで、プレッシャーになるので。それは来年は多分もっと厳しくなると思います」【コラム】

山根視来はオマーン戦後、W杯最終予選での戦いについて、「外から見てるのと、中でやるのとでは天と地ほどの差がある」と話していた。その最終予選からチームに復帰して、改めてリーグ戦を戦ったあと、その差をどう捉えているのか、聞いてみた。

「そうですね、負けたら終わりっていう、代表の戦いと。またシチュエーションも、今は優勝が決まってるってのももちろんあると思いますし、いろんな要因はあると思いますけど、少なくとも最終予選で戦ったときほど嫌なプレッシャーではなかったです」

逆にいうとそれだけのプレッシャーの中で戦った最終予選での経験は大きいものと言える。だからその経験が来季の目標になる3連覇やACLに生かせる部分もあるのではないかと考えた。

(残り 589文字/全文: 904文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ