【サッカー人気2位】沖縄キャンプ初日午前の部【写真ギャラリ…

「川崎フットボールアディクト」

今季新加入の早坂勇希が、圓道将良と共に桐蔭横浜大学での会見に臨む【ニュース】

今季フロンターレに加入する早坂勇希が、母校での記者会見で意気込みを語った。鹿児島に加入する圓道将良(えんどう・まさよし)と共に会見に臨んだ早坂は、関係各位への謝辞に続き次のように述べている。

「まず、川崎フロンターレでプロサッカー選手のキャリアをスタートできることが、自分としては嬉しく思います。一度諦めかけた夢でしたが、諦めることができず、大学4年間で努力し続けた結果、このような大好きなクラブに戻れたことを、本当に嬉しく思います。
先程、竹内さん(竹内弘明強化本部長)からお話あった通り、GKの層は厚いと思いますが、ハードルが高いほど、自分は燃えるタイプだと思っています。自分の良さを、より一層努力して、謙虚な気持ちを忘れず、一日も早くチームの勝利。そしてデビュー戦を飾れるように、これから1日1日を大切に頑張っていきたいと思います」

ちなみにこの挨拶の中で早坂が言及している「竹内さんから」の話とは、早坂の前に挨拶した竹内弘明強化本部長の挨拶のこと。この中で竹内強化本部長は早坂に求めるものとして「反応速後とか、シュートストップとか。そういったところを突き抜けるくらい、自分の強みを出す」ことだと発言。そうすれば「自ずと序列も上がっていくんではないかなと」と話していた。

フロンターレにトップ昇格するという「一度諦めかけた夢」を、諦めず、努力して掴んだその経験をプロのキャリアの中で生かしてもらいたいと思う。

なお、早坂と共に会見に出席した圓道将良のコメントは以下の通り。

○圓道将良(鹿児島)

「来季から鹿児島ユナイテッドFCに加入する事になりました、圓道将良です。
自分は地元が北海道で、はるばる南の鹿児島に行きますが、ワクワクの方が大きいです。不安もありますが、それ以上にワクワクや楽しみが大きくて、今から頑張っていきたいです。済みません、緊張してます。
その中で自分、プレースタイルはさっき安武さん(安武亨監督)がおっしゃったとおり、いろいろなところができるのが持ち味で、鹿児島に練習参加した際も、ボランチやサイドハーフ、サイドバックも経験して、その中でも自分の中で手応えがあり、このチームでやっていきたいと思いました。鹿児島のスタイルも自分にあっていて、パスをつなぐところだったり、ボールを持つチームなので、その中で自分が生きると思い、自分もこのチームで活躍したいと思いました。入ってからは開幕スタメンを目指し、チームに少しでも貢献できるよう、頑張っていきますので応援よろしくお願いします」

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ