【サッカー人気4位】【どなたでも観られます!】浦研+『浦和…

「川崎フットボールアディクト」

フロンターレ組、流経大との練習試合で勝利に貢献【ニュース】

代表合宿最終日の1月21日は、流経大との練習試合が行われた。

フロンターレ組は谷口彰悟が左CBとして。また脇坂泰斗が右のインサイドハーフとして共に先発し60分間プレーした。山根視来は後半開始から交代出場し45分間プレーしている。

練習試合は日本代表が前半3−0、後半4−0のスコアで勝利した。


脇坂は、ショートコーナーからの流れでアシストした前半3分の先制点の場面を皮切りに、インサイドハーフとして存在感を示した。アンカーとしてプレーした稲垣祥の攻撃参加を促すポジション取りや、左のインサイドハーフとしてプレーした江坂任との連携で攻守に存在感を残した。

(残り 469文字/全文: 742文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ