【サッカー人気2位】【試合分析】吉田 達磨監督の監督会見か…

「川崎フットボールアディクト」

瀬古樹と鬼木達監督に聞く、練習初日の居残り練習【コラム】

沖縄合宿初日の全体練習後に、鬼木達監督が新加入選手、若手選手を集めて手でボールを回す練習を指導していた。育成年代でも見られる練習だったが、この練習について1月25日に取材対応してくれた瀬古樹に聞いてみた。

沖縄合宿初日「体を動かすメニューでスタート」【キャンプレポート】

その他にも鬼木監督と、吉田勇樹コーチが付いて、手でボールを回す練習が行われていた。監督やコーチの指示は聞き取れなかったが狭い局面で次のパスをどう繋ぐのか。そのための意識付けの意図などがあるのかもしれない。

「あのグループと言うか、練習は自分を含めた新加入の選手のトレーニングだったと言うか。川崎フロンターレっていうチームの中での、特有のトレーニングを新加入選手として染み込ませるための、時間を割いていただいて、やってたトレーニングだったんですけど」

そう説明してくれた瀬古は「本当に今おっしゃったように(質問にあったように)育成年代からやってるような感じの練習の中かもしれないですけど」と言葉を繋げつつ「やっぱりそういう、要求されてるところ。求められている所っていうところに達する、それ以上のものを出せるように、というのはぼくは(プロ)3年目ですし、そういったところは意識してやってます」とのことだった。

(残り 959文字/全文: 1493文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ