「川崎フットボールアディクト」

練習時間が19時に変更。ジョホール戦の22時KOに合わせて/ACL2022 GS 第3節 ジョホール・ダルル・タクジム戦【現地レポート】

広州戦翌日の4月19日から、フロンターレの練習時間が19時スタートに変更になった。ジョホール・ダルル・タクジム戦が22時キックオフになるためで、チームのスケジュールの大半をまるごと2時間後ろにずらしたという。

午後に夕立があったこともあるのだろうが、それにしてもたった2時間ずらしただけで19時以降、どんどん涼しくなるのには驚いた。

ジョホール・ダルル・タクジムは外国人枠とAFC枠をフル活用。さらに帰化選手も複数所属しているそうで、断食月だから22時キックオフという言い訳は少々苦しいものがある。他チームが17時キックオフの試合を戦う中、気温が和らいだ22時キックオフの試合が続くのはコンディションを維持させやすいという点で大きなアドバンテージになるはず。さらに、ホームスタジアムで、かつ1万人を超えるサポーターの前で戦うのだから厄介な相手だということになる。

と、そんな事を、19時からの練習を取材して改めて感じた次第だ。

ちなみに19日の練習では、広州戦に出場した選手のうち出場時間と年齢とを勘案してクールダウン組を選定。

(残り 569文字/全文: 1029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ