【サッカー人気5位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

「川崎フットボールアディクト」

松井蓮之、空回り気味のプレーを反省。そしてご両親の教え【コラム】

■最初の一歩

松井蓮之が先日の広州戦でプロデビューを果たした。同期の佐々木旭が先を行く中、今季の目標にしていた公式戦10試合出場に向けてまずは第一歩を踏み出した形となった。その広州戦では左サイドバックでプレーしたが「人生ではじめてやるポジションだった」とのことで「ノボリさんにどうしたらいいのかを聞いたり、自分の中でどういうプレーをするのかを整理した中」でのプレーだったという。

これは余談だが、左サイドバックでデビューした選手としては谷口彰悟の名前も挙げられる。彼はデビュー戦で大久保嘉人の得点をアシストするなどしており、敵地での多摩川クラシコの勝利に貢献している。戦術眼が求められるサイドバックでの出場は示唆的で、今後への期待も込められての起用なのかもしれない。

(残り 1927文字/全文: 2258文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ