「川崎フットボールアディクト」

田邉秀斗「去年高卒1年目でデビューさせてもらったというのもあって、その試合で何度か得点できるチャンスもあって。その悔しさがあって」【コラム】

田邉秀斗のプロデビュー戦は、昨季、ウズベキスタンで集中開催されたACLの第6節の北京戦だった。また今大会は、第2節の広州戦に後半から出場。最終ラインから攻め上がり、攻撃に厚みをもたらしていた。もっと試合に絡んでいきたいはずの田邉にとってACLとはどういった位置付けの大会になるのだろうか。

「去年高卒1年目でデビューさせてもらったというのもあって、その試合で何度か得点できるチャンスもあって。その悔しさがあって、今年(のACL)にかける思いはあります」

(残り 860文字/全文: 1085文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ