「川崎フットボールアディクト」

修正力でこじ開けた2得点。遠野大弥と車屋紳太郎の今季初ゴールで勝利/J1 第13節 vs福岡【レポート】

J1 第13節
5月14日(土)(16:03KICKOFF/等々力/16,704人)
川崎 2 – 0 福岡

■ゲームプラン

前半の0−0のスコアは福岡にとってはゲームプラン通りだった。たとえば試合後の会見に出席した奈良竜樹がこんな言葉を口にしていた。

「まずプランのところで、前半はしっかり0−0で折り返してというところで、試合の内容は置いておいて、プランのところでは、しっかり前半0−0で折り返せたのは、チームとして、そういう形で進められました」

「内容は置いておいて」と発言した奈良は、「0−0で折り返せた」前半に対し「しっかり」との評価を与えている。すなわち、0−0がゲームプラン通りの試合運びだったことがわかる。

(残り 2480文字/全文: 2780文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ