「川崎フットボールアディクト」

ジェジエウ、シュート練習まで消化。完全合流に向け少しずつ前進【麻生レポート】

天皇杯東京V戦翌日の6月23日の練習が一般公開された。

薄曇りの中での練習は、10分ほどのストレッチの後に、天皇杯出場組が別メニューで調整に。残された11選手のみで練習が行われた。


鳥かごなどのボール回しを経て、練習開始45分ほどでフォーメーションからのシュート練習へと移行。15分ほど行われたこのシュート練習は、サイドからのラストパスや、中央突破などのバリエーションで練習。ジェジエウと登里享平はこのメニューまで共に消化している。

(残り 703文字/全文: 917文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ