「川崎フットボールアディクト」

谷口彰悟「ミキがいいランニングしていたので。相手もちょっとボールウォッチャーになってましたし」/J1 第18節 vs磐田【試合後コメント】

○谷口彰悟
――結果的に2点目が取れなかったことが響いてしまいましたが、振り返っていかがですか?
「もちろん、2点目を取れれば一番よかったと思いますけど、それ以上に1-0で終わらせられたゲームかなという方が強いというか。僕はそっちの方が悔しいというか。取れれば良かったですけど、取れなくても、1-0で終わらせられるゲームだと思うので。ましてやその、やられたのがセットプレーっていうのは、やっぱり強いチームがすることではないなっていうのはすごく感じているので。もちろんセットプレーは個人のところにもなりますけど、チームとして、多少終了間際とかになると、交代の枚数もかなり使っていたり、マークが変わっていたりとか。自分がいつもやる役割じゃないところをやってたりっていうのもあるので。そういった意味でも集中力というか、チームとして、防ぐという気迫だとか。そういったものが結構関係していると僕は思っているので。そういったところは足りなかったなって。もう一回覚悟を持って戦っていかないと、ダメだなっていうのはすごく感じてます」

(残り 934文字/全文: 1390文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ