「川崎フットボールアディクト」

山田新「あれは決めないといけない決定機かなと思います」/ルヴァン杯準々決勝第1戦 vsC大阪【試合後コメント】

○山田新
――イレギュラーな形での試合だったと思いますが、どんな試合でしたか?
「そんなに長い時間やれているわけではなかったので。まず監督には、守備のところは求められたので。そこは90分通してやろうという思いでやった試合でした」

――裏に走り込もうとする動きが前半見られてましたが、なかなかパスが出てこなかった。どんな前半でしたか?
「そこを自分が背後に走ることでスペースを作るっていう意味で、走ってましたし、自分の特長がそこでもあるんで。まずはデビュー戦というところで、その特徴を出していこうというところで、背後は常に狙っていたんですけど。そこは今後合わせていけば、自分が信頼を勝ち取っていけば、パスはでてくるところだと思うので。そこは今後の課題でもあると思います」

――後半2本、マルシーニョと、宮城天からの惜しいパスがありましたが、どんな状況だったんですか?
「そうですね。あれは決めないといけない決定機かなと思いますけど。天はジュニアユースからやっているので。目が合う部分があるので。そこで自分の生かし方だったりを、知ってくれていると思うので。良いボールを出してくれたと思います」

――なかなか結果は出せなかったですけど、勝ち点1というのは悪くないのかなと思います。そこに関われたことについてはどうですか?
「決定機もあったので。アウェイゴールっていう意味でも、勝つという意味でも、もっとそこはFWとしてはもっと求めて、満足せずに求めていかないといけないところかなと思います」

――試合前ですかね。橘田くんと止める蹴るをてたと思うんですけど、先輩のアドバイスとかはあったんですか?
「ケントくんに限らず、みんなデビュー戦楽しんでって。緊張をほぐすような感じで、話しかけてくれたんで。そこはやりやすさを感じて試合に臨むことができたかなと思います」

(残り 1775文字/全文: 2541文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ