【サッカー人気4位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

中野吉之伴フッスバルラボ

U13:ビルドアップからの縦パスで攻撃にスイッチを入れよう!

▼ チームとしての戦い方を整理するためのトレーニング

トレーニングの目的:ビルドアップからの縦パスで攻撃スイッチを入れよう

チームとしてどのようにプレーするかを整理することでそれぞれがプレー判断しやすくなる。最初から詳細まで落とし込もうと気を張らずに、自分たちでどんな状況を作り出し、それができたらどんなプレーを狙うのかという基本となる状況整理をすることがまず大事になる。

ここではビルドアップからの縦パスで攻撃スイッチというテーマでのトレーニングメニューを紹介する。つまり自分たちのチームがボールをキープしている段階で、それぞれの選手が個々のポジションなどに応じて、どのあたりでどのようにポジショニングを取るべきかが整理され、

そして自分たちでパスやドリブルを使ってボールを回しながら、相手ゴールへ迫るためのスイッチとなる縦パスを入れられる状況を、どのように作りだすのか、というのがこのトレーニングにおけるメインポイントだ。

指導者主導で進めずに、途中しっかりと選手に質問することで互いの理解を深めていけるようにアプローチしよう!

トレーニング設定:U13(小学校高学年) 人数=14人 時間=90分

(残り 3565文字/全文: 4057文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック