サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

中野吉之伴「子どもと育つ」

12月21日に帰国してからの2018年 【フリーコラム「吉之伴の日記」vol.1】

▼12月21日(金)/日本に帰国!

15時に成田到着。スムーズに入国審査と荷物受け取りができた。家族は先に私の実家へ移動。私は別行動で神田へ。倉本和昌さんとのトークイベントに向かう。18時過ぎに無事到着。機内で幾分寝れたので頭もすっきり。参加者の質問を受けて、私と倉本さんとでディスカッションをしていく形式を取ったが、お互いの視点や解釈から話が盛り上がった。ちなみに、この日は倉本さんと知り合ってちょうど4年目でした。そういう小さな偶然がうれしい。イベント後には懇親会に参加。お酒控えめで実家に帰る。

▼12月22日(土)/家族と温泉へ

この日、奥さんは友達と出かける日だったので、私は子どもたちと家から歩いて仙川の街をブラブラ。昼食は松屋にて。子どもたちは牛丼屋デビュー! 気に入ったようだ。その後、温泉でのんびりし、風呂上がりにフルーツ牛乳。子どもらはUFOキャッチャーにも初挑戦と、初ものづくしの一日だった。夜は、実家でご飯。

▼12月23日(日)/妹家族と博物館へ

妹家族と、この日はお出かけ。上野の国立博物館に恐竜を見に行く。ちょうど2歳ずつ離れた4人の子どもたち。マジで、パワー無限大! 実は、私も国立博物館に行くのは初めて。また来たいです。

▼12月24日(月)/夜は実家でもてなし料理

午前中にフットボリスタさん用の原稿を急ピッチで書き上げる。「予定通りに書き進めていく方がいいのはわかっているけど、どうしても」という悪癖は早く直したいもの。とはいえ、追い込まれた時のすさまじい集中力を普段からどのように引き出すのか。難題だ。

(残り 1988文字/全文: 2650文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック