【サッカーパック人気2位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

中野吉之伴「子どもと育つ」

取材と練習と試合でサッカー漬けの毎日で忙しくも充実した日々 4月22日~5月10日

▼4月22日(月)/ドイツに戻ってすぐ取材へ

ドイツに戻る機内でWEBマガジン用に池上さんとのインタビュー原稿の第一弾を書き上げる。早朝にフランクフルトに到着。そのまま夜に行われるブンデスリーガ一部「ヴォルフスブルク×フランクフルト」の取材に向かう。

昼過ぎにハノーバーのホテルにチェックイン。

ヨーロッパのホテルは規定チェックイン時間前でも部屋の準備ができていたら入れてくれるのがうれしい。室内で仮眠を取り、夕方スタジアムに向かう。終了間際の同点ゴールで手痛い引き分けのフランクフルト。加えて、長谷部選手はドーピング検査に行って、2時間弱の待ち。でも、検査後にしっかりと取材に答えてくれる。1時半頃、ホテルに到着。本当に長い一日でした。

▼4月23日(火)/子どもと遊んで元気100倍!

8時頃に起床し、ゆっくり朝食をとる。とてもおいしい。その後、電車でフライブルクに戻る。駅には長男と次男が迎えに来てくれた。ダッシュで抱き着いてくる次男とちょっと離れたところから「俺はもうそんな子供じゃないぜ」的な感じでゆっくり歩いてくる長男。二人とも、ありがとう。帰宅後、子どもたちと近くの公園でサッカーをする。好天下。楽しく遊んで元気が出る。

▼4月24日(水)/夕方から指導くラブの練習に

カイザースラウテルンに住む友人家族の子どもが泊りに来た。早速みんなで近くの公園にサッカーをしに行く。結構、激しく2対2のガチンコ! その後、私はフライブルガーFCのU16のトレーニングに向かう。週末の試合に向けて「チャンスメイク」をテーマにトレーニングをしたが、悪くはなかった。

▼4月25日(木)/今日は二つ媒体の原稿を書く!

子どもたちは夜遅くまで遊んでいたのでゆっくり起床。のんびり朝食を取った後、また遊び出す。私はフットボールZONEに長谷部選手の原稿、サッカーダイジェストWEB用にEL出場権争いに関する原稿をそれぞれ仕上げる。夕方から私はフライブルガーFCのトレーニング。

(残り 3365文字/全文: 4189文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック