【サッカーパック人気3位】 反省を踏まえて修正を図るも、そのリスクの代償を払う【島崎英純】2019…

中野吉之伴「子どもと育つ」

日本滞在も終盤へ。諫早旅行から東京、新潟、そして岡山、新大阪。最後に京都で一休み 7月1日~7月8日 

▼7月1日(火)/思い立っての小旅行。行先は長崎県諫早市

毎日スケジュールを詰め込むと心身ともにきつい。それにせっかくの日本滞在では旅行もしたい。ということでふと思い立ってこの日は小旅行日に。JALのマイルプログラムで「どこかにマイル」というのがある。行先はJALにおまかせ。ランダムでセットされる4つの行き先候補のなかから後日行先が「どこかに」決まるというものだ。うまくいけばこれまでいったことないところに気軽に旅行にいける!将来的にはこれで講習会の訪問地を決めるというのもありじゃないかと思っている。何度かランダム選択を繰り返していたら札幌、那覇、金沢、長崎が候補という組み合わせが。これは魅力的な4択だと登録してみた。結果は長崎。なるほど。長崎、佐世保はいったことがあるのでどこか行ったことがないところに行きたい。長崎にも友人はいるが今回は一人でぶらりと行きたい。ネットで調べたら長崎空港からも遠くなく、いろいろと見どころも多そうな諫早を訪問してみることにした。

すごく素敵なところだった。

諫早神社のクスノキ。すごく大きくて立派で生命力が感じられて。

と思っていたら城跡にさらに立派なクスノキが!

思わず手を当てて息吹を感じたくなった。自然の力。畏怖の念を抱く。

見事な眼鏡橋。

現地の方には日常なのでしょうが、なんてレトロな電車。

満足いくまで町歩きをしてホテルにチェックインするころから雨。ホテル近くにユニクロがあったのでちょっと買い物をして、さらに古本屋で漫画「修羅の刻」を数冊購入。平泉にいったことで源義経物語が急に読みたくなった。

漫画を読みながら(お行儀悪くてすいません)、びっくりドンキーでガッツリと夕食。なんかすごい日本を満喫。

▼7月2日(火)/東京に戻り、仕事先を回る

朝一の飛行機で羽田に戻ると、そのまま品川駅で指導者仲間の高橋さんとミーティング。

(残り 3618文字/全文: 4396文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック