【サッカー人気5位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

中野吉之伴フッスバルラボ

認知トレーニングをするとどうなるの?脳内の働きを知ることで、子どもたちへの最適なアプローチを知ることができる!

▼ ドイツにおいて認知能力に関する研究はすごいスピードで進んでいる

09年にドイツサッカー協会公認A級ライセンスを獲得した僕は、10年から毎年7月に3日間開催される国際コーチ会議に連続で参加している。今年のは新型コロナウィルスの影響で中止となってしまったが、それでも毎年夏にこの会議に参加することは、大きな楽しみだ。

様々な情報をインプットし、周りの指導者とディスカッションをして、新たな知見を手に入れていく。そんな場があることは指導者としても、一人の人間としてもとてもありがたいものだと常々感じている。

そんな国際コーチ会議ではW杯や欧州選手権といった国際的なビックトーナメントがあった年はその大会の総括、ここ最近の傾向、今後への展望に関するテクニカルレポートが発表されるほか、ブンデスリーガ監督による講演やスポーツ科学の専門家による講義を聴講することができる。

そして僕がこれまでのずっと参加している中で、毎年必ずテーマに上がっているのが人間の心理に関する講義だ。

指導者がどのようにコーチングすることが求められるのか。それはなぜなのか。モチベーションとは何なのか。メンタルを高めるとはどういうことなのか。

そうしたことを学術的な観点から学べる意義は大きい。

そして近年特に重要視されているのが、認知能力に関する研究ではないだろうか。

国際コーチ会議でもたびたび講義がされているし、ドイツのサッカー指導者向け月刊誌Fussballtrainer(フッスバルトレーナー)ではほぼ毎号のように認知能力に関する記事がのっている。

なぜ認知能力に関して知ることが大事なのだろうか。

それはピッチ上で要求されるプレー精度と密接にかかわるからだ。

どれだけ足元の技術が優れていても、どれだけ足が速くても、どれだけ体が大きくても、それぞれの局面でいつどこでどのようにどんなプレーをなぜしなければならないのか、を知らないと、どんなに優れた武器を持っていても生きない。

インテリジェンス、賢さ、ずるさ、駆け引き上手。

いろんな言葉でサッカー選手に求められる要素が言い表せられるが、それがどんな能力のことを具体的に指示しているかを知ることが大事ではないだろうか。

人間は行動する前に認知をする。

目で見て、耳で聞いて、肌で感じて認知した情報をもとに、現状を分析し、解決策を模索し、可能性のある選択肢を見つけ出し、その中から最適な決断をするというプロセスをたどりながら行動に移る。

そしてそうした行動を繰り返すことで認知から実践へのプロセススピードが上がり、そうした経験を積み重ねることですぐに正しい行動へと移れるようになるわけだ。

信号を見て赤だったら、誰だってまず止まる。それは最初からそういうメカニズムが組み込まれているわけではない。

「信号機というのがあるのを知る」⇒「信号機には赤と黄と青のサインがあるのを知る」⇒「赤の時は渡ってはいけない合図だというのを知る」⇒「3色から今は赤というのを把握する」⇒「止まるという行動を取る」

僕らがする行動はすべてこうしたプロセスの積み重ねからできている。そして社会のなかでは、見たまんまその通りにやればそれでオッケーな行動だけではなく、状況に応じて今すべきことを考えなければならない局面があることを知っているはずだ。

サッカーでも同様で、状況を自分で整理して、自分で決断して、自分で実践できるようになることが重要だ。監督や両親が外から叫ぶ通りの行動をすればいいわけではない。それだといつまでたっても自分で判断して、最適なプレーを見出すことができない。

育成における目標が、「将来的にサッカー選手として、そして一人の人間として、自立して、自分の頭で考え、自分の足で歩いていける自主性を身につける」ことを非常に大事なことととらえるならば、小さいころから彼らがそうしたプロセスを繰り返せる環境を整えなければならないのだ。

▼ 認知能力へのアプローチ法

そんな認知能力へのアプローチは大きく分けて2つある。

一つはものごとを認知する能力そのものに着手する。つまりスマホやパソコンでいうところのOSそのものを強化するための取り組みだ。

どれだけ最新のアプリが開発されても、新しい機能が付け加えられても、OSがバージョンアップされなければ臨み通りの効力をえることはできないのは誰でも知っているはずだ。

どれだけ有用な情報を手に入れたとしても、僕らの脳内がそれに対応することができないと結局は宝の持ち腐れ。

脳への適切な刺激を適時与えることで、認知したことを処理し、解析し、行動へ移すための精度とスピードを上げることが可能になる。

「頭を使え!」という声をかける指導者の方は多いと思うが、そうした声掛けを受けて、実際に子どもたちはどれだけ「頭を使う」ことができるだろうか。

使おうとはするだろう。でも考えるための明確な目的や目標を設定できていないと、大体の状況において、「これでいいのかな?」「こんな感じだと大丈夫かな?」という半信半疑のままプレーすることになる。

あるいは、なんとなく考えているふりをしながらプレーする。こうしたとき、子どもたちは大人以上に賢い。不必要に相手の怒りを買わないように対処しようとする。

ある意味ものすごく考えて実践しているのだから、それも認知トレーニングといえるのかもしれないが、これだと状況を改善するためではなく、これ以上悪くならないように回避することが目標になりがちなので、成長にはつながりにくいのだ。

だからこそ、彼らが考えることがその練習をよりよくするために必要な要素であり、ポジティブに取り組むことが成長につながるという実感を持ってもらえるように、認知能力に関するアプローチをトレーニングにうまく組み込んでいきたいものだ。

もう一つの認知能力へのアプローチは正しい選択肢の情報をアップデートしていくというものだ。

つまり戦術的理解を適切に深めていくことで、状況認知から正しい選択肢を見出し、それを実践するというスキームを自分の中で作り出す。

選択肢は多ければ多い方がいいわけではない。状況に応じて瞬時にいくつかの選択肢をパパっと思い浮かべ、その中から素早く決断できるようになれば、考える時間を短縮し、より素早く正確なプレーをすることができるようになる。

究極的に言えば、判断、決断のプロセスを飛ばして、視野に入った情報から一気に行動へと移ることを、高精度で行えたらすばらしいだろう。

トレーニングにおいて、ある程度再現性が高い状況を設定し、その中でプレーの優先順位を整理できるようにすることは大切になってくるし、それを試合でどのように生かせたのか、あるいはうまくいかなかったのかのフィードバックを持つことが重要になる。

どちらのアプローチにおいても、認知トレーニングとはすぐに効果が出るものではないし、すぐに効果を出さなければならないものではない。だが長期的に、じっくりと着実に取り組んでいくと、確かな影響がどんどん出てくるものでもある。

過程がとても大事なのだ。

大会の成績に左右されるのではなく、子どもたちそれぞれがどのように成長していくべきかを考慮しながら、それぞれの段階において、うまくいかないことを楽しみながら、少しずつできることになる喜びを一緒にかみしめながら、我々指導者も取り組んでいきたいではないか。

▼ 認知トレーニング関するWEB講習会のご案内

9月26日(土)21時~22時30分(日本時間)に行うWEB講習会「認知トレーニングってなに?頭の仕組みを知ることで、子どもたちが子どもたちらしく成長できる取り組みを試してみよう!」では、認知に関してさらに掘り下げた話をしたうえで、実際にどのようなトレーニングをすることが望ましいのか、という具体例もどんどん紹介する予定です。

動画配信もありますので、ご興味ある方は是非ご検討ください。

お申し込みはこちらから⇓

「WEB講習会申し込みフォームへ」

多くの方のご参加をお待ちしております。

会員向け申し込みフォームは次ページにあります!!

(残り 40文字/全文: 3322文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック