『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

kumamoto Football Journal

【TOPICS】岡本賢明選手 引退発表後のコメント

岡本賢明引退

ロアッソ熊本は先週3日、キャプテンのMF岡本賢明選手が今季限りで現役引退することを発表しました。クラブのホームページを通じて岡本選手自身のコメントも伝えられていますが、決断に至った背景や残り試合に向けた想いについて聞くことができたので、ここでお届けします。

 

決めたのは10月の中旬から下旬にかけてです。相当悩みました、やっぱり。まだやっぱり、サッカーやりたいという気持ちもあったし、いろんなことを考えたりして、どうしようかなと。自分でも(引退は)いつきてもおかしくないと思って熊本に来ました。試合に出られなくなったら厳しいだろうなという覚悟は常にあったので。でも、そのなかでもやれる自信はあったり、まだいけるっていう気持ちがあったから、ここまできたんですけど。

毎年、今シーズンが最後かもしれないっていう気持ちでやってきて、試合に出ていない現状を客観的に見ると、そういうこともあって当然なので。

リュウ(平繁龍一/カターレ富山へ期限付き移籍中)の移籍は関係なかったです。でもリュウは多分、俺にはもっとやって欲しかったと思っているだろうし。報告した時も「まだやってほしかった」って言われたんですけど。その気持ちも分かったんで。だからあんまり、自分の判断には関係はなかった気がします。

まだやりたいという気持ちから、これからどうしていくのかなというのを考えて。やっぱり熊本というチームは地元でもありますし、大事にしたいクラブ。その中で、自分の怪我の状態だとか、あとどれくらいできるのかなとか、いろんな想像をしていって。たぶん、本当に自信があったら迷いなく続けると考えていた気もするし、(試合に出られなければ)移籍とかを考えるのも普通なんですけど。その時に「どうしようかな」と考えた時点で、ちょっと自信がなくなっていたのかなっていう。タイミング的にも、自分で考えていたのかなと。

練習しながら自信がなくなるってことはなかったんですけど、やっぱり常に「俺が(ゲームに)出たらもっといいのにな」っていう気持ちはありました。だから、そこがちょっと、引退っていう結論に到るまで難しかったところで。迷ったっていうことは、ちょっと自分でも今後への不安が多少なりあったのかなっていう感じは、今はします。うん。次の、ここからの人生が続いていくときに、次の目標というか、モチベーションになることが見つかって。そっちの道を頑張っていこうと思えたので。

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ