kumamoto Football Journal

【試合後コメント】第42節 vs.大分トリニータ/試合後の監督・選手コメント

2017J2第42節大分戦

池谷友良監督

残留争いをしているなかで、勝点3を目指して最後まで戦いましたけど、力及ばずこういう結果になったこと、非常に残念に思います。内容的には、前半はどっちつかずの、チャンスもあったし、大分の時間、熊本の時間と、そういう展開だったと思います。いい感じで後半に先制できましたが、そこから大分の圧力が強くなって、交代も攻撃のパワーを持ってきて、なかなか前に進むことはできなかったなと。そのなかでも耐えていくしかなかったので、これを守りきれなかったというのが、今のチーム力かなと思います。2点目はもう、とにかく勝点3が欲しかったので、しょうがないと思います。引き分けを狙って挑んだゲームではなかったので、追いつかれた段階では2点目を取りに行くという考えのもと動いたので、ペナルティになったことはしょうがないと思います。

(残り 4651文字/全文: 5008文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ