kumamoto Football Journal

【レビューコラム】第4節 vs.愛媛FC/劣勢を耐えアウェイで貴重な勝ち点3を獲得。勝敗を五分に。

2018第4節愛媛戦

誤算だった林の負傷交代も、初の先制で精神的優位に

「最終ラインへの圧力の前の段階でのコネクトが林の特徴。練習試合も調子が良く、3連戦を総力で戦うことを考えた時に、今日が使うタイミングだと思った」

2年目の林祥太を今季初めて先発起用した渋谷洋樹監督の狙いは、安柄俊と2トップを組むFWの1枚として、愛媛の3−4−2−1の布陣を踏まえ、前後へのプレッシングとともにスペースに顔を出してボールを受け、そしてつなぐこと。林自身も「相手の2ボランチの脇とか間に立つことで、食いつかせたりする役割を求められたと思う」と話す。

(残り 1463文字/全文: 1717文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ