【サッカー人気2位】今季初取材の今治に「J3らしさ」を見い…

kumamoto Football Journal

【レビューコラム】第5節 vs.大宮アルディージャ/FW安柄俊の劇的逆転弾で今季初の連勝。8位に浮上したが、まだいける。

2018第5節大宮戦

 

FW2人の瞬時の判断で生まれた決勝点

メインスタンド側タッチライン沿いでボールを受けた皆川佑介が顔を上げる。視線の先には、スピードを上げて大宮DFの背後へ抜け出す安柄俊の姿が目に入った。

「自分がいいボールを落とせば、ビョン(安柄俊)さんなら勝てる」

そう判断した皆川が送った山なりのクロスは、実際には少し厳しめのボールだ。おそらく安は最初、コントロールしてシュートに持ち込むつもりだったろう。だが全身を伸ばした体勢のファーストタッチでは次のモーションへ移るまでに時間がかかる。安はわずかに右足を振って、枠をそれないよう、コースを変えるとともにボールに勢いをつけた。

(残り 1350文字/全文: 1636文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック