本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

kumamoto Football Journal

【TOPICS】3回目を迎える六反勇治選手(清水エスパルス)のアカデミー、「RKA(Rokutan Keeper Academy)」が参加選手を募集中。

RKA(六反勇治)

熊本国府高校出身のゴールキーパー、六反勇治選手(清水エスパルス)が主宰する「RKA(Rokutan Keeper Academy)」では、来春1月4日(金)〜6日(日)の日程で上天草市松島町の松島総合センター「アロマ」で開催する同アカデミーの参加選手を募集している。対象は中学1年生から高校3年生までで、定員は中高生共に24人ずつ。

明治安田生命J1リーグの第33節、ヴィッセル神戸との試合でアディショナルタイムにヘディングでのゴールを決めた六反選手は、中学時代までを鹿児島県で過ごし、熊本国府高校に進学。その後、アビスパ福岡で6年間プレー。横浜Fマリノスを経て移籍した仙台時代には日本代表にも選出され、昨季から清水の一員としてプレーしている。

六反選手によれば、横浜Fマリノスへ移籍した際、関東の子供達のトレーニング環境の良さに驚き、自らがお世話になった九州の子供達に、プロの技術や考え方なども知ることができる高いレベルのトレーニングを通して、刺激を与える回数を増やしたいと考えたのが、同アカデミーを発足したきっかけ。

地域の子供達や企業とのつながりを作るのとともに、GKとして必要な要素=ポジティブにチャレンジする姿勢やリーダーシップ、人間的な成長を子どもたちに促すのも狙いだ。

アカデミーは今回3回目で、六反選手の他、ロアッソ熊本の畑実選手と内山圭選手、藤嶋栄介選手(レノファ山口)、圍謙太朗選手(アビスパ福岡)ら熊本ゆかりの選手も参加。また、東海大学熊本サッカー部のGKコーチでナショナルトレセンコーチでもある井嶋正樹氏、熊本国府高校GKコーチの生田千宝氏がコーチとして加わる。

短期間でのアカデミーだが、中高生GKにとっては得るものも少なくないはずだ。

 

【RKA(Rokutan Keeper Academy)】
●日時/2019年1月4日(金)9:00〜6日(日)14:00
●会場/松島総合センターアロマ(上天草市松島町合津4276-23)
●対象/中学1〜3年生、高校1〜3年生(各24名)
●参加費/1人1万5000円(食事代、保険込み/当日会場で支払い)
●宿泊先/松島観光ホテル岬亭(上天草市松島町合津4710)
●申込・問合せ/生田千宝(E-mail/gk_yuki001@yahoo.co.jp)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック