本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

kumamoto Football Journal

【レビューコラム】第1節 vs AC長野パルセイロ/新加入FW原一樹の鮮烈2ゴールも、先行される展開でドロースタート。

20190310長野戦

「前半0-0は妥当だったと思います。あれだけクロスを上げられていたら、1発当てられたり、セカンドボールを拾われたりする。逆にやられなくてよかった」

試合後の記者会見で、渋谷洋樹監督はそう心情を吐露した。昨季のJ3で10位という成績に終わったが、栃木時代にJ2昇格の経験を持ち、「戦う姿勢を選手にもたらす非常に良い監督」と渋谷監督が評する横山雄次監督が今季から就任した長野は、立ち上がりから激しいプレッシャーをかけ、左右から押し込んできた。

(残り 1512文字/全文: 1730文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック