田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

kumamoto Football Journal

【レビューコラム】J1クラブを相手に得た手応え。だからこそ募る悔しさを、次の力に変えていく。

20190703天皇杯2回戦鳥栖戦

6人目のキッカーは、80分に三島康平に代わってピッチに立った熊本ユース所属の小島圭巽。延長戦も含めた約40分間、決して臆せず、自らの持ち味を出そうとチャレンジし続けた高校3年生は、思い切りよくマウス中央を狙う。しかし向かって左へ跳んだ鳥栖のGK大久保択生は体を残して足でブロック。鳥栖の6人目、キャプテンの高橋義希が決めて、天皇杯での熊本のチャレンジは2回戦で終わった。

(残り 1976文字/全文: 2161文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック