【サッカー人気1位】われわれは『100日後に死ぬライター』…

kumamoto Football Journal

【INTERVIEW】ロアッソくんインタビュー/通算300試合帯同は、チームとスポンサー、そしてサポーターみんなのおかげ。

ロアッソくん300試合10月20日に行われた明治安田生命J3リーグ第27節、藤枝MYFC戦で、チームマスコットであるロアッソくんの試合帯同が300試合を迎えた(※本人カウント)、とのこと。この大記録を讃えて、当webマガジンで独占インタビューを行いました。以下、一問一答形式でお届けします。

 

――通算300試合出場、っていうか帯同? おめでとうございます! まずは率直な感想を聞かせてください。

ありがとうございます! 僕が誕生してから、どちらかというと苦しい試合の方が多かったような気がするけど、たくさんの選手やスタッフと出会えたことに感謝してるよ!

――ところで、300試合というのは、正確な数字なのかな?

僕が数えて300試合に到達したのは間違いないよ! ただ、いろんな事情で、行ったことを僕が覚えていないゲームもあるから…(笑)、それも含めると実際には310試合ぐらいかな? でも300試合を超えていることは間違いないよね、ウン。

――300試合出場を達成するのは、選手でも簡単なことではありませんよね。この大記録を達成できた要因は何だったのかな?

まずはロアッソ熊本というチームが僕を誕生させてくれたこと。それには本当に感謝! そして僕の活動を支援してくれるスポンサーさんをはじめ、普段から僕に頑張る活力を与えてくれるファン、サポーターのみんなのおかげかな。これは選手のみんなと同じで、苦しい時のあと一歩が踏み出せる活力になっていると思っています。

――大きな怪我や長期離脱がなかったことも要因だと思うけど、良いコンディションで試合に臨むにあたって、ロアッソくんなりに意識していることはある?

マスコットだけど、まずは気持ちが大事! メンタル! 選手のみんなとはちょっと立場が違うけど、スタジアムに来てくれるファンやサポーターのみんなと試合を盛り上げて、選手の気持ちを上げること! そして、勝敗も大事だけど、「またスタジアムに来たい!」と思ってもらえるような振る舞いをするよう努力してるよ! あとは…、僕なりに体調管理もしてる(笑)

――頑張ってるんだね。では、デビュー戦からここまでを振り返って、特に記憶に残っているゲームや場面があるかな?

そうだなぁ、たくさんあるけど…。やっぱり1番は今も変わらず、2009年のホーム富山戦で見た、山口武士さんのゴールだね! しかも引退試合で! あのゴールには全身が震えたよ!

 

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック