【サッカー人気3位】大量被弾でコントロール喪失。深刻な6失…

kumamoto Football Journal

【プレビュー】第34節 vs. AC長野パルセイロ/ラストゲーム。渋谷体制の集大成を。

20191208長野戦

ホーム最終戦に勝って勝点は57。昇格圏の2位群馬、3位藤枝との勝点差は3で、結果次第で2〜4位が入れ変わる可能性を残して最終節を迎えることになった。しかし群馬と藤枝が敗れて勝点で並んだとしても、大きく離れている得失点差をひっくり返すのは、現実的には厳しい。それでも、その可能性がある以上、そこを目指すのが彼らの使命だ。前節終了後に退任が発表された渋谷洋樹監督のもとで戦うラストゲーム、開幕戦で引き分けた長野に対し、今年積み上げてきたものを全て表現して、有終の美を飾りたい。

(残り 1409文字/全文: 1645文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック