【サッカー人気3位】リカルド監督が7連戦を戦い抜くために必…

kumamoto Football Journal

【プレビュー】第5節 vs. FC岐阜/ “同期”との2年ぶりの対戦。的確な状況判断と意思共有で、ライバルを叩け。

20200719岐阜戦

J1クラブの若い選手たちを迎えたホームでの連戦は、前々節が点の取り合い、そして前節が1−0と、内容こそ違えど、1月の始動から取り組んできたことを発揮しつつ「粘り強く戦った」(大木武監督)成果として連勝。2008年のJリーグ入り以来はじめての開幕4連勝で、大木新体制は素晴らしいスタートを切った。だが監督も試合後に口にしていた通り、まだわずか4試合が終わったにすぎない。残り30試合も1つずつ丁寧に、勝点を重ねていきたい。

(残り 1454文字/全文: 1664文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ