【サッカー人気2位】【維新の風】勝てないレノファ。気になる…

kumamoto Football Journal

【試合後コメント】第9節 vs.ブラウブリッツ秋田/大木武監督、浅川隼人選手、小笠原佳祐選手コメント

20200809秋田戦

 

第9節 ブラウブリッツ秋田戦後にオンラインで行われた記者会見でのコメントをお届けします。

 

大木武監督

簡単に2点取られてしまいしました。2点取り返すのは難しいですね、非常に悔しいゲームでした。

――前半は秋田の時間が長かったように感じたが、試合の入りはどう入ったでしょうか。

入りは悪くなかったと思いますね。ただ1点取られた後は少し押し込まれた感じがしました。それ以外は別に、悪いとは思いません。

――後半は1点取り返し、流れも引き寄せましたが、良くなった要因は。

前半と変わらないですね。

――今季初めて2点追う展開になりました。ハーフタイムに選手たちに伝えたことを教えてください。

どこが空いているのかちゃんと見てプレーしようということですね。

――前半、左右サイドバックの位置を入れ替えた意図は?

彼らにシュートを打たせようと思いました。

――攻撃に関しては、前節と比べてもテンポも上がっていたと感じましたが、どのように秋田の守備ブロックを破るイメージだったか、それがどのくらいできたか、いかがでしょうか。

押し込むことはできると思いましたので、相手のディフェンスの背中を取ることよりも、その前からシュートを打つというイメージはありました。まあ、悪くはなかったと思います。ただ決まらなかったんでね。

――攻撃面ではGKも含めて相手を食いつかせるような意図が見えましたが、それは狙いがあったでしょうか。

もちろんありました。ロングボールも使いますけど、それだけでなくしっかり剥がすというところがありますので、それは1点取られるまでは悪くなかったと思います。

――自陣の回しで危ない場面もありましたが。

ああいうことをやれば、必ず1回や2回はあるということですね。そこで失点してしまうのか、無事に切り抜けるのか、そこの差だと思います。

 

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック