【サッカー人気4位】【J2第8節:長崎vs町田】レビュー:…

kumamoto Football Journal

【試合後コメント】第12節 vs.アスルクラロ沼津/大木武監督、石川啓人選手、谷口海斗選手コメント

FW #9 谷口海斗

――ゲームを振り返ってください。

自分たちがやってきたことを意識してプレーしていたんですけど、最後の質をもうちょっとあげていければ、得点も増えたのかなと思います。

――意識してきたことというのは。

バイタルの仕掛けだったり、最後のスルーパスやシュートの質をもっとあげていければ良かったのかなと思います。

――先制点は前線のプレッシャーからでした。

相手がどうこうではなくて、自分たちが奪いに行くという姿勢をやり続けた結果、ボールが流れてきて、思い切って打って、決められて良かったです。

――日中のゲームでしたがコンディションはどうでしたか?

いつも練習をやっているのと同じでした。

――3−0という結果について。

勝てたことは良かったと思います。でも最後の質をもっともっとあげていけば、もっといいゲームができたかなと思います。

――先ほどから質を上げるということを言われていますが、回数は十分作れたということでしょうか。

みんなも意識はしていたと思うので、練習でやってきたいろんなバリエーションを出して、そこに入れることはできたと思います。そこの最後の質で、スルーパスやシュートのところをもっとあげていきたいと思います。

――大木監督からはハーフタイムに判断を早くという話もあったようですが。

そうですね、そういう判断の遅れでパスがずれたり、シュートが打てなかったりということがあるので、全体的にもっと、という感じです。

――得点ランキングトップタイに並びました。

自分自身の気合いが入っているのもありますけど、チームに貢献することが一番なので、多少意識はしますが、1試合1試合勝っていくだけです。

――鳥取が引き分けて単独2位になりました。この点について。

他のチームのことより、自分たちが1試合1試合、しっかり勝ち切ることを考えていきたいと思います。

 

 

 

前のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ