【サッカー人気5位】【J1騒乱】浦和レッズvsFC東京の見…

kumamoto Football Journal

【レビューコラム】第14節 vs. AC長野パルセイロ/後半に流れを引き寄せ追いつくも、守備の隙を突かれて5試合ぶりの敗戦。

20200909長野戦

首位秋田との勝点差を詰めると同時に3位鳥取との勝点差を開くことを目論んで臨んだ長野戦。先制されたあと一時は追いついたものの、次の1点を奪えず逆に2点目を与えて今季3敗目となる5試合ぶりの黒星を喫した。試合を通じて長野の早いプレッシャーに苦しめられ、また切り替えや球際でも「後手に回った」と内山圭はいう。フィジカルとメンタルを回復させるとともに攻守両面を改めて見直し、中2日で迎える週末の次節・相模原戦に臨みたい。

(残り 1674文字/全文: 1880文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック