【サッカー人気3位】マリノスに突き付けられている“現実”。…

kumamoto Football Journal

【試合後コメント】第22節 vs.Y.S.C.C.横浜/大木武監督、浅川隼人選手、樋口叶選手コメント

20201017YS横浜戦

第22節 Y.S.C.C横浜戦後にオンラインで行われた記者会見でのコメントをお届けします。

大木 武監督

前半の入りは少し落ち着かないような感じがありましたけど、中盤ぐらいからはだんだん、ゲームが落ち着いてきたと思います。その中で少なくないチャンスがあった、特にセットプレーなんかですね、そこで1点取れなかったのは非常に残念だったですね。次またすぐに試合が来ますので、また頑張ってやっていきたいと思います。

――今セットプレーについてお話しされましたが、得点に至らなかったのはどういう理由でしょうか。

もちろん、クオリティの部分とかアイデアの部分だと思います。セットプレーも私が見ていますんで、もっともっとやらなきゃいかんなと思います。

――ミドルシュートも多く打ちましたが、枠を捉えたものは少なかったように思います。

もっと練習しなきゃならないなと、いうことですね。

――前後半を通じて、相手にボールを握らせずに攻撃を続けられたことについては?

今言った通りですね。切り替えの早さは良かったですが、自分たちがボールを持った時に、簡単にミスをすることが多かったですね。

――攻めながら点が取れないというゲームが後期に入って見えます。

勝ちたいですね、そういうゲーム。

――クオリティとアイデアとおっしゃいましたが、押し込んでいてスペースがない状況で、フィニッシュに持ち込むタイミング等についてはどうだったでしょう?

シュートは打てているので、その辺りは悪くないと思うんですけど、今度シュートを打ったらもうひとつ崩すようなところ、欲を言えばキリがないですね、その辺りで点を取れればいいなと思います。

――樋口選手が長い時間プレーして、特徴を出してアクセントになっていたと思いますが、彼のプレーについて、どうご覧になっていたか聞かせてください。

やっぱりボールを受けた時に仕掛けられるんですね、それが良かったと思います。

  

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック