【サッカー人気2位】阿部勇樹がレッズでプレーし続ける意味、…

kumamoto Football Journal

第27節 vs.藤枝MYFC/大木武監督、岡本知剛選手、黒木晃平選手コメント

DF #2 黒木晃平

――試合を振り返ってください。

いい入りができて先制するところまで良かったたんですけど、失点する時間帯も前半終了間際ということで悪かったですし、後半の入りも押し込まれて失点してしまったので、もったいなかったという印象です。

――入りが良かった要因は?

後半もそうですけど、みんなで「立ち上がりから行くぞ」と声もよく出ていたし、気持ちも入っていて、奪いに行くところ、セカンドボールを拾えていたので、そういうところが良かったのかなと思います。前への姿勢も出ていたし。後半もそれができれば良かったんですけど。

――前半のうちに追いつかれたダメージもあったでしょうか。

もちろん、あの状況ならリードして終わらなければいけなかったと思うんですけど。後半は相手のコーナーキックの数も増えて押し込まれた感じはありました。でもそこでも、みんなで「この時間しっかり耐えよう」という話ができていた中での失点で。なんとかしないといけなかったと思います。

――3失点について、気になるところは。

藤枝さんのスカウティングで、クロスが強みだというのはわかっていたので、なんとかできたのではないかという思いもありますし、最後のセットプレーも自分のところのマークに体をぶつけてつくことができなかったので、反省点です。

――攻撃では2得点できましたが、裏へのボールも出ていました。これは狙い通りだったか、手応えはどうでしょうか。

ああいうのは毎試合狙っているところで。ああいう形と、サイドバックが中に侵入したり。それが難しかったら、1点目のような小笠原から中原へ1発とか、そういうのは臨機応変に狙えているので、小笠原から素晴らしいボールが出たと思います。

――後半に入ってなかなか結果が出ないという、厳しい状況をどう打開していくか。

何か大きく変えるというのは難しいと思うし、すぐに試合が来るので、下を向くことなく、やり続けることだと思います。これからは本当に簡単な試合は1試合もないと思いますし、毎試合、こういった厳しい試合になると思うので、そこでいかに下を向かずに、ポジティブに、積極的にやれるかだと思います。

 

 

前のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック