【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

kumamoto Football Journal

【キャンプレポート】トレーニングマッチ4試合目、金沢に対し優位に運ぶ時間も作りながら勝ちきれず。それでも攻守に手応え。

20210210TM金沢

ロアッソ熊本は10日、宮崎県の清武総合運動公園でツエーゲン金沢と30分×4本のトレーニングマッチを行い、1-2(0-0/1ー1/0-0/0-1)で敗れた。結果として勝ち切ることはできなかったものの1本目、2本目は優位に試合を運ぶ時間を多く作り、大木武監督も「守備のポジション、攻撃のポジション、どう攻めるか、どこでどう守るか、選手は気をつけながらやってくれた」と評価。メンバーを入れ替え、新卒や10代の選手が多く出場した3本目、4本目は相手にペースを握られたが、新しいフォーメーションでの組み立てなど、チーム全体で取り組んでいることは浸透し始めていると言える。

(残り 4127文字/全文: 4407文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ