kumamoto Football Journal

【第16節 vs 大分】プレビュー/4年ぶりの九州ダービー。2015年以来の勝利に向け、前節からの攻守の課題を改善して結果につなげたい。

琉球との一戦は、試合を通じては押し気味に進めながら、相手の流れになった時間帯に2失点を喫し、今季5敗目。大木武監督は「良く乗り切ったが、疲労もあったと思う」と5連戦について話す一方、前節の2つの失点シーンについては問題点を指摘し、「それをプラスに持っていかなければいけない」と言う。4年ぶりに大分とぶつかる今節は、前節浮かび上がった課題をどれだけ表現できるかが鍵となる。

(残り 1496文字/全文: 1681文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ