kumamoto Football Journal

【第19節 vs 甲府】レビューコラム/後半の交代から流れを変えて追いつくが、好機を生かせず悔恨のドロー。

前節の群馬戦から中2日、ホームに勝点差2の甲府を迎えたゲームは、4試合ぶりに先制を許し追う展開となったが、後半から出場した竹本雄飛の9試合ぶりとなるゴールで同点に。しかしその後に迎えたチャンスを決めきれず引き分けに終わった。

(残り 2271文字/全文: 2383文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ