【サッカー人気3位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチプレビュー】J3第9節・FC琉球戦/戦い方に幅を持つ琉球。「サッカーをやってくる」(深津康太)侮りがたき難敵

▪︎明治安田生命J3リーグ第9節14:00キックオフ
町田市立陸上競技場
FC町田ゼルビア vs FC琉球

 

▼薩川体制3年目の琉球

 

大型連休期間中の4連戦第2ラウンドとなった敵地でのグルージャ盛岡戦は、相手の堅い守備を崩せずスコアレスドローに終わり、勝ち点1を積み上げるにとどまった。「失点ゼロという成功体験を手にしたかった」(鳴尾直軌監督)という盛岡の決死の覚悟を前に、CK9本という再三のセットプレーのチャンスも実らず、引いた相手を崩すという課題が残った。

(残り 1508文字/全文: 1744文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ