【サッカー人気5位】【ニュース】Jリーグ、45クラブ(20…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】J3第13節・レノファ山口戦/首位撃破。第2クールの反撃へ、スタンダードを手にした価値ある一勝

▪︎明治安田生命J3リーグ第13節16:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,132人
FC町田ゼルビア 1-0 レノファ山口
【得点者】町田/47分 鈴木崇文

20150524-173621-0【Photos】©FC町田ゼルビア/山田浩一郎

 

▼指揮官の拭い去れぬ思い

 

1-1のドローに終わった前節・藤枝MYFC戦。90分を戦い終えたあと、町田の指揮官の胸の中にはある思いが去来していた。

「なぜ、そんなに選手たちは怖がっているのだろう」

藤枝のピッチで披露された選手たちのパフォーマンスがどこか自信なさげに見えていた相馬直樹監督は、試合後の会見で「ドラスティックな改革が必要かもしれない」と険しい表情で語った。次節は首位・レノファ山口との第1クールラストマッチ。リーグはまだ3分の1の日程を消化するに過ぎないが、首位との勝ち点差は『11』開いている。結果次第では、優勝が霞んでしまう可能性もある。こうして山口戦に向けた準備期間が始まると、相馬監督は山口戦で結果を手繰り寄せるために、いくつかのアプローチを施した。

(残り 1741文字/全文: 2183文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック