「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】J2・J3入れ替え戦第1戦大分トリニータ戦/J2クラブを凌駕した90分。“前半”リードで運命の第2戦へ

▪︎明治安田生命J2・J3入れ替え戦第1戦11月29日(日)12:30キックオフ
町田市立陸上競技場/8,629人
FC町田ゼルビア 2-1 大分トリニータ
【得点者】町田/45+2分、72分 鈴木孝司 大分/22分 ダニエル

 

C59T5942 (1)

▼淡白な攻撃が多かった大分

 

強気のハイラインがチームの持ち味であるFC町田ゼルビアを相手に、最終ラインの背後へのボールでラインを押し下げ、セカンドボールを拾って町田ゴールに迫る形は、たしかに町田対策の常套手段ではある。敵地に乗り込んできたこの日の大分トリニータは、「裏を狙う意図があった」(為田大貴)。大分はマイボールになると、試合開始から徹底してロングボールを蹴り込み、相手の最終ラインに圧力を加えた。しかし、徹底したロングボール攻勢は「ピッチコンディションが難しかった」と捉えていた大分にとって、必ずしも歓迎すべき状況ではなかった。

(残り 1312文字/全文: 1696文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ