「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】J2第20節・横浜FC戦/最前線のタレント力と敵将のプランニング。“後半勝負”に屈する

■明治安田生命J2リーグ第20節・6月26日(日)18:00キックオフ
ニッパツ三ツ沢球技場/6,871人
横浜FC 1-0 FC町田ゼルビア
【得点者】横浜FC/68分 大久保哲哉

▼敵将の誤算と後半の策略

監督就任から2試合目となった横浜FC・中田仁司監督のプランニングは後半勝負ーー。2トップには前節のFC岐阜戦でゴールを決めたカズと津田知宏が並び立ち、49歳の大ベテランFWには最前線に鎮座し、ときにはポストワークでFC町田ゼルビアの最終ラインに揺さぶりをかけることを指示していたという。

(残り 1678文字/全文: 1918文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック