【サッカー人気1位】荻原拓也が筑波大とのTMで随所に良さを…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】J2第29節・京都サンガF.C.戦/“我慢比べ”に終止符を打ったハイクオリティーの一刺し。“相馬ゼルビア”の現在地が浮き彫りになった古都の夜

■明治安田生命J2リーグ第29節・8月14日(日)19:00キックオフ
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場/4,622人
京都サンガF.C. 1-0 FC町田ゼルビア
【得点者】京都/76分 有田光希

▼敵将・石丸清隆監督の着眼点

京都の石丸清隆監督は、FC町田ゼルビアの戦い方に関して、二つのサンプルを手にしていた。それはキャンプでのトレーニングマッチとJ2第2節での対戦の計2試合。この二つのサンプルは、十分に相手の研究材料となるモノだが、試合中の分析力にも長けた古都の指揮官は、フラットな目線で今節の町田の戦い方を凝視し続けた。

(残り 3659文字/全文: 3922文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック